<Tokyo Supercars>メンバーソーシャルナイト+セミナードライブ体験レポート

2018年6月28日にOakwood Premium Midtownレジデント・ラウンジにてTokyo Supercars社(以下、TSC)主催のメンバーソーシャルナイト+セミナードライブ体験に参加させて頂きました。当フォーラム常務理事の小園より、体験レポートをお届けします。

小園:このセミナーは、新たなスーパーカーの貸し手や新メンバーの登録を目的とし、定期的に開催されているイベントです。今回、事故ゼロ・フォーラムの初期スポンサーでもあるTSC社のご厚意で初参加させて頂くこととなりました。

イベントはOakwood Premium Midtownレジデント・ラウンジで毎週開催されるワイン・ナイト・ギャザリングと提携して開催されます。 様々な人々と出会い、ネットワークを作ることができるリラックスしたラウンジ。

まずは、ビュッフェやアルコール・ソフトドリンクを楽しめるラウンジで、スーパーカーの貸し手の方々や参加メンバーの皆さんとの交流から始まります。①セミナー+交流会 ②セミナー+交流会+体験ドライブという2つのコースが用意されており、私は②への参加でスーパーカーの運転スケジュールが控えていた為、残念ながらNo Alcohol…(涙)でしたが、一緒に①に参加した理事の感想としてはワインなどもとても美味しかったそうです。全体の流れとして、セミナー+体験ドライブの前後に自由なネットワーキングタイムがあり、自分の乗車時間(約20分)以外は参加者の皆様と一緒に楽しめる雰囲気ですので一人で参加をされても自然に馴染めます。

スケジュール:
18:00 – 19:00    受付開始
19:00~              ビュッフェオープン
19:15 – 19:35    セミナー
19:45                スーパーカーでドライブ
20:30                イベント終了

サービス概要、特にカーシェアリング、保険、スーパーカーの乗り方など、専門家のパートナーから説明が行われるミーティングルーム

19:00過ぎから別室のミーティングルームに移動し、TSC社のプレゼンテーション及び当日乗車予定のスーパーカー運転初心者向けのブリーフィング開始。乗車する車種や各自の乗車時間のタイムテーブルなどの説明もこの時に行われます。

このブリーフィングでは、最も重要なポイントとなる『安全運転』に対するレクチャーがあります。

スーパーカーとなると、エンジンスタートの方法からウインカーの位置やアクセル・ブレーキペダルの操作方法まで一般乗用車とは異なる部分も多いため、事前の知識がなければウインカーの出し方すら分かりません。アクセルとブレーキの位置がとても近い車種については「踏み間違えをしないように」という指導も行われ、車間距離を保つことなど『SAFETY FIRST(安全運転第一)』を掲げるTSC社らしいレクチャーでした。ただでさえスーパーカーをドライブするだけで緊張する中、これから控えているドライブに楽しみと緊張感が入り混じる感覚を覚えていました。

また、ここでは『事故ゼロ・フォーラム』について、参加者の皆さまに簡単なご案内をさせて頂く時間まで設けて頂きましたこと、非常に感謝しております。

別室で行われるセミナーの様子

TSC社に事故ゼロ・フォーラムの主旨に賛同して頂けたのも、事故=リスクであるとともに、スーパーカーを安全に運転することで貸し手とメンバーの皆さんがWin-Winの関係になり、より有意義なサービスとなるという考えを持たれていたからに他なりません。ここでのレクチャーはSAFETY FIRSTの考え方が非常に伝わるものとなったことは言うまでもありません。

事故ゼロ・フォーラム 常務理事 小園
TSC社の最新の車、Lamborghini Huracan Spiderのご披露。 イベントでは展示のみでしたが今後数週間以内にメンバーに提供する予定。

さて、ここからがTSC社のスタッフの方に同乗頂いてのドライブ体験。助手席にスタッフの方が同乗されるのはSAFETY FIRSTを守るためであり、横でプロに見守って頂きながら普段乗りなれていないスーパーカーの運転指導も受けられる事は素晴らしい体験となります。

私が今回運転させて頂いたSupercarは、夜に映えるパパイヤオレンジのMclaren MP4 12C スパイダー。
ルートは、ミッドタウン界隈を出発しけやき坂を抜けて、246を右折。赤坂見附の交差点でUターンし出発地点に戻るという、数キロのコース。もちろん周りには一般車両やタクシーも多く、必要以上に安全運転を心掛けたと同時に事故ゼロ・フォーラムの活動を通して安全運転に対する考え方をより多くの方に意識頂くことで、このモビリティー社会はもっと発展するのではと感じさられた本当に貴重な約20分の体験となりました。

改めて、このような機会を設けて頂いたTokyo Supercarsの皆さまに御礼申し上げます。これからも“事故ゼロ”へ向けた取り組みを一緒に進めて参りましょう!

■Tokyo Supercars https://www.tokyosupercars.com
体験ドライブ、メンバー登録などTokyo Supercarsに関するサービス概要・お問い合わせは公式ウェブサイトをご覧ください。

 

■Tokyo Supercarsからのお知らせ

English Follows. 私たちは現在20名以上の会員様にご登録頂いており、スーパーカーの台数はレンタル事業での3台を含む計15台以上のスーパーカーが7月にはラインナップされます。
この1年ではお台場ドライブ、千葉ドライブ、夜景ツアー、サーキットイベントなど、さまざまなドライブイベントを通じて、約500人のお客様にサービスを提供してきました。 今回、私たちはビジネスモデルをシフトし、固定費を80%削減することができ、スーパーカーのプラットフォームとして成長しております。 この夏にはいくつかのマーケティングパートナーシップを立ち上げることも予定しています。これがメンバーと貸し手のコミュニティをさらに盛り上げることが期待されますので、今後のお知らせにご期待下さい。 最後に、我々はアジア全体で雇用とサービス拡大計画のため資金調達の確保に進めてまいります。

We are now up to over 20 members and by July expect to have a fleet of 15+ cars, including 3 cars under our supercar rental business (kicks off in July).  It’s been an eventful first year, we have served almost 500 customers across our various drives and experiences including country drives, city tours and circuit events.
We were able to shift our business model and reduce fixed costs by 80% which has positioned us as a platform for supercars! We are close to launching several exciting strategic marketing partnerships over the summer and hopefully this will help us drive our community of members and lenders further.  Finally we are close to securing a round of funding that should allow us to announce some key hires and expansion plans across Asia.