Tokyotraffic

基本理念

事故ゼロ・フォーラムは2030年までに交通事故0社会の創造をめざした活動を行う。(Accident Zero Society 2030)

事故ゼロ・フォーラムは今ある社会問題の解決に向けたイノベーションを起こす場である。

事故ゼロ・フォーラムは今ある問題に向き合い未来に対する提言を行う。

事故ゼロ・フォーラムは事故による悲劇がなくなるまで存続する。

事故ゼロ・フォーラム メッセージ

NOW, LIFE IS LIVING YOU.

今、いのちがあなたを生きている

「事故のない世の中を」に込めている想い

テクノロジーの飛躍的進歩により、近年では交通事故の発生件数および死者数は明らかな減少傾向を示しています。

これも、車両本体の構造技術の高度化も当然のこと、衝突被害軽減ブレーキをはじめとした様々な安全運転関連デバイスが開発・リリースされていることによる効果が発揮されていると言えるでしょう。また、自動運転システムを搭載した車両も続々と登場し、実際にこれらが道路を走るという時代も、もう目の前まできています。

しかしながら、各メーカーが鎬を削って開発を進めている安全運転関連製品のPR方法に、違和感を持たれることはありませんか?

当然、自社製品を開発・販売するメーカーサイドとしては、最新技術・性能のアピールや運転者(購入者)のメリットをいかに訴求するかが、利益を追求する上で最も重要な要素の一つであるものの、こと安全運転関連製品に関しては、果たしてそれだけで良いのでしょうか?

 「安全な世の中=事故のない世の中」を実現するためには、

“Win(Customer/User)-Win(Manufacturer)-Win(Others)”の関係性を可能な限り可視化・具現化することが必要であると言えます。特に、先進技術を有するメーカー各社に対しては、何のための安全関連製品であるのか(技術革新や性能向上による利益至上主義的な考え方のみでなく、事故のない世の中を実現するための中心プレイヤーである)について今一度原点に立ち返って頂く、そして一般(道路交通社会)にも安全に対する意識(自身の安全=他者の安全)を浸透させていくことも不可欠な要素であると考えています。

事故ゼロ・フォーラムでは、テクノロジー、働き方、教育という3つのポイントにフォーカスした様々な活動を展開すると同時に、技術の脱ガラパゴス化推進も目的とした産学官連携のためのプラットフォームとしての役割も含め、モビリティビジネスを創出するためのエコシステムの構築、Accident Zero Project 2030の実現へ向けたあらゆる取り組みにチャレンジして参ります。

事故ゼロ・フォーラム 常務理事 小園 洋輔

事故ゼロ・フォーラムの機能

 

チーム紹介

terazono

寺園 和文

理事長

2004年にカーステーション株式会社を設立後、圧倒的な技術力を武器に全国各地に最先端技術を持ったガソリンスタンドを運営。地域に根を張り、車売買・洗車・給油・整備のワンストップサービスを実現した日本屈指のガソリンスタンド経営者。そのリテールノウハウと経営手腕が認められ、伊藤忠エネクスグループ エネクスオート株式会社の代表取締役も務めた経験をもつ。国際オートアフターマーケット2016において基調講演を務める等、業界内でも知名度の高い人物。

miura

三浦 雅弘

専務理事

商社勤務を経て、株式会社ファーストステーション入社。国内外のプロジェクトを多数手がける。

手掛けたプロジェクトは「太平洋地域のエネルギーダウンストリーム参画案件」「島嶼国の自動車リサイクル事業案件」など。近年は自動車アフターマーケット関連のビジネスモデル構築を専門とし、社会貢献型のビジネスデザインを行う。また公利公益を経営理念に主眼を置く経営者育成団体の講師も務める。

kozono

小園 洋輔

常務理事

ハイスクール在学中に野球のアメリカ選抜として国際大会に出場。大学で国際経済を専攻した経験も活かし、経営コンサルティング会社にて日米間プロジェクトの推進リーダーとして日本へ帰国。その後、外資系医療機器メーカーの営業戦略等を経て2013年より現職。現在は(株)ジャムスの代表として企業向け車両管理サービスの提供、安全運転対策や労務管理をはじめ、車両を通してのCSR活動やコンプライアンス対策等、クライアントの更なる発展へ向けたコンサルティングサービスに注力している。

事故ゼロ・フォーラム会員制度

共にAccident Zero Societyを目指す仲間を募集しています。

  • 特別会員 Priority Member
  • スポンサー